サクッと読めちゃうぜ!2巻以内のオススメ漫画

巻数が短い漫画って、「ギュッっと凝縮されたが魅力ですよね。

面白くてあっという間に読み終わってしまい

「もっと長く連載してくれよ~!」

という嘆きが聞こえちゃうような、

「2巻以内オススメ漫画ランキング」

をご紹介します。

ちょっとマンガ読みたいなってときや、暇つぶしに是非読んでみてください!

1位:レベルE(全2巻)

「幽☆遊☆白書」「ハンター×ハンター」でお馴染み「冨樫義博」さんの短編集。

地球にやって来た宇宙人が起こす、ハチャメチャなトラブルを描いた作品。

緻密でよく考えられた話で、漫画「BAKUMAN(バクマン)」で言うところの

「シリアスな笑い」

という表現がぴったりな気がします。

ハンター×ハンターの「グリードアイランド編」の元ネタ?っぽい話もあるので「ハンター×ハンター」を読んでる方は要チェックです。

セリフや説明がかなり多いので、全2巻といえど、読破するのには多少時間がかかるので、ご注意ください!

2位:All You Need Is Kill(全2巻)

どこからか来た謎の生物と戦う地球人たちのお話。軍隊の新人兵である「キリヤ・ケイジ」は、初出撃で戦士したはずなのに、なぜか「タイムリープ」に巻き込まれてしまい、何度も「初出撃」を繰り返すことになってしまいます。

「なぜタイムリープに巻き込まれてしまったのか!?」

「果たしてタイムリープを抜けて、明日を迎えることが出来るのか!?」

ってお話です。

「タイムリープものなら、とりあえずこれ読んどけ!」」

いうくらいオススメです。当作品の作画は「デスノート」「バクマン」でお馴染みの「小畑健」さんなので、絵がとってもカッコよく、読みやすいです。

3位:ぼくらのよあけ(全2巻)

人工知能が、ごく一般の家庭にも当たり前に広まっている世界。主人公の小学生「沢渡ゆうま」は、ある日団地で、謎の人工知能と出会います。なんとそいつは、ずっと前に地球にあるトラブルで不時着し、休眠していた人工知能なのだそう。その人工知能から「宇宙に帰りたいよ!手伝って!!」と頼まれた小学生の極秘ミッションを描いたSF作品です。

あんまり有名ではない気がしますが、隠れた名作です。アニメ化とか、ドラマ化とかしても面白そう。

 

4位:どろろ(全2巻)

「体の48か所がない状態で生まれる」

「失った体取り戻す旅に出る」

というゾクゾクする世界観。古い漫画ですので絵も古い感じですが、それだけで食わず嫌いで読まないのはもったいない。

「手塚治虫」の代表作としては

「火の鳥」

「ブラックジャック」

「鉄腕アトム」

等々ありますが、一番好きな作品としてこの「どろろ」を挙げる人も多いです。

映画化もアニメ化もされるくらい、超名作です。

5位:彼女はお義父さん(全2巻)

厳格で過保護な父親と娘が「体が一緒になっちゃう」っていう驚きの設定。ひょんなことから一緒の体になってしまいます。「体が入れ替わっちゃう」っていうのはよく聞くんですがね。斬新な設定で面白いです。

「川田大智」の初のストーリー漫画です!ギャグ調ですがオススメです! 

6位:転生したらヤムチャだった件(全1巻)

女子高生のパンツを見たくて歩道橋をダッシュしていると、足を踏み外して落下し、気を失ってしまう。目を覚ますと、あれ、「俺、ヤムチャに転生しちゃった!」ってお話。

主人公は大のドラゴンボールマニアのため、ヤムチャが辿る悲しい運命(栽培マンに倒され、彼女をベジータに奪われ、、、)を嘆き、「そんなの嫌だ!」と、奮闘します。

はじめは「どーせくだらないんだろうな~」と思いながら、ついつい買って読んでみたんですが、なかなかしっかりとしたお話でした。随所にドラゴンボール愛を感じます。

ドラゴンボール好きなら、要チェックな作品です!

7位:SAND LAND(全1巻)

ドラゴンボールで」お馴染みの「鳥山明」さんの短編。

世界中が「砂漠」になってしまった世界。国王がわずかに残った水を独占していて、国民がヒーヒー言っています。その状況を何とかすべく、主人公の悪魔「ベルゼブブ」、仲間の「シーフ」、人間の保安官「ラオ」と一緒に「幻の泉」を探しに行くお話です。

王道なストーリーなので、サクサク読みやすく、おすすめです。

余談ですが、ドラゴンボール「魔人ブウ編」でちょこっと出てくる「ダーブラ」にソックリなキャラが出てきます。

8位:銀河パトロール ジャコ(全1巻)

こちらも、「ドラゴンボール」でお馴染みの「鳥山明」さんの短編。

「ドラゴンボール」の世界と話がつながっているスピンオフ作品です。

主人公「銀河パトロール隊員・ジャコ」は、凶悪宇宙人を退治しに地球にやって来ましたが、宇宙船が故障してしまいます。助けてあげようとする工学博士の大盛、謎の少女「タイツ」とのドタバタを描いた作品。

ドラゴンボールの日常部分だけ書きましたよ、って感じの作品で、読みやすいです。

幼少時代の「ブルマ」が登場するので、孫悟空の冒険が始まる前のお話です。若干、悟空のことについての話も描かれているので、ドラゴンボール好きなら要チェックです。

まとめ

「2巻以内完結」のオススメ漫画をご紹介しました。

何十巻と続いている「大長編の漫画」も大好きですが、今回この記事で「2巻以内の面白い漫画」をまとめてみて「短い巻数の漫画だって面白い漫画はたくさんあるな」と改めて思いました。なんというか、「ジェットコースターに乗って、うわ~すごい」ってなっている間に、アッという間に終わってしまうような感じですよね。

随時「これ面白いじゃん!」って作品があれば追加していきたいと思いますので、是非チェックしてみてください!