炎のサラリーマンZ

お仕事、転職、IT、漫画、趣味等

中途面接の準備 重要ポイントを徹底解説!!

f:id:salarymanZ:20180929225756j:plain

今から1年半前に、転職して今の会社に入社しました。意外とすんなり決まったので、思ったより楽だったという印象ですが、それ相応の準備は必要でした。面接は楽しかったですが、その準備が一番大変だったなと言う印象です。
私の転職体験をもとに、中途採用面接の準備について重要ポイントをまとめました。これから転職を検討している方にご一読いただき、面接対策のイメージをつけてもらえたら幸いです。

 最重要3トピックスの整理

面接で必ず聞かれる最重要な3トピックス「①これまでの経験」「②転職動機・志望動機」「③強み・弱み」について、重要ポイントをまとめましたので、ご紹介します。

転職を木に例えると、これらが「木の幹」です。もちろん、その他の切り口で質問が来ることもありますが、それらは「木の枝葉」と考えて問題ないかと思います。「木の幹」がしっかりしていれば、面接で自信をもってアピールすることができるので、しっかりと準備しましょう!

「①これまでの経験」

事前に渡してあるor面接時に提出する「職務経歴書」の内容について、よく質問されます。「この案件って、どんなことやったの?」ってな感じで、大体の面接で聞かれます。職務経歴書には、「これまでの経験」について詳細に記載しておりますので、面接の場で重要なのは「簡潔に、分かりやすく」伝えることです。どんなキャリアを築いてきたかについて、概要が伝わるように心がけましょう。詳細は、面接官から深掘りされたら答えていければよいのです。

「これまでの経験」を「俯瞰的に、マクロな視点」で振り返り、専門家じゃない人でも、「なるほど!」となるような説明ができるように、準備しましょう。

 

それから、注意事項を一点。

「現場でしか伝わらないような専門用語」を、絶対に使わないように!!

「世間一般的」に伝わる表現であるかを確認しましょう。結構気をつけないと、うっかり使っちゃうますよ!ご注意ください!!

「②転職理由・志望理由」

・転職理由:何故転職を考えたのか
・志望理由:何故うちの会社志望したのか
この2つが繋がり、「1つのストーリーになる」ことが重要です。この関連性がチグハグだと、すぐに矛盾点がバレてしまい、「転職に対する考えがまとまっていないな」「なんとなく今の会社が嫌になって、逃げの転職をしようとしてるのではないか」と思われてしまう恐れがあります。
「転職理由・志望理由」は前向きな理由に聞こえるよう、言葉選びに注意しましょう。同じ内容であっても、言葉選びや伝え方で面接官への心証が良くも悪くもなります。

 

現在の会社では為し遂げられない事があり、それを成し遂げるための「手段」の一つが転職です。転職が「目的」になってはいけません。「現在の会社で為し遂げられないかを模索したが、かなえることができない。だから転職を決断した」という原点に立ち返り、転職理由・志望理由を伝えましょう。

 

「現在の会社で自分の希望が為し遂げることが出来ないか?」を模索もせず転職を考えている人は、一旦ご自身の環境を見返してみましょう。本当に転職をしないと「自分の希望」を為し遂げられないでしょうか。もしかすると、別部署に異動すれば叶えることもできることかもしれませんよ。それだったら転職する必要はないですよね。「異動希望を出し続けているのに、全然話が来ない」とかであれば話は別ですが。
いっぱい検討した結果、「現在の会社で叶えることは無理だ!」と判断した上で、転職という「手段」をとりましょう。そこがスタートかと思います。 

「③強み・弱み」

完全無欠な人などいません。誰であれ、「強み」があれば「弱み」も存在するはずです。「強み」はそのまま存分にアピールすれば良いのですが、ここで重要なのは、「弱み」もアピール材料になるということです。表裏一体、裏を返せば「弱み」をポジティブに捉えることも出来ると言うことです。
(例)心配症なところが弱み→ミスは少ない
   せっかちなところが弱み→仕事は早い

「弱み」をちゃんと自覚し、改善の努力をすることは「謙虚さ」「自己成長への意欲」のアピールになります。
「弱みはありません」という傲慢な態度や、「こういうところダメなんですよね~あはは」という改善する気がない(自己成長への意欲がない)態度ではダメです。

 

想定質問の回答準備

よく聞かれる質問に対し、「実際に面接で聞かれた時」を想定して、「回答」を考えておきましょう。最低限これくらいは事前準備しておかないと、面接で固まってしまうかもしれませんよ!

私の場合、めちゃくちゃ忙しくって残業がハンパないなかで転職活動していたので、夜の3時くらいまで面接対策を考えていた時もありました。今思うとよく体もったな~って思いますが、転職活動が何か楽しかったというのと、「やっと今の会社からおさらばできるぞ!」という気持ちが混ざった、謎の超ハイテンションであった気がします(笑)夜中まで頑張ってエクセルでまとめ、転職エージェントに送って添削してもらい、「よしこれならイケルぜ!」ってなるまで頑張りました。

・「自己紹介をお願いします。」

・「転職理由を教えてください。」

・「志望理由を教えてください。」

・「長所/短所を教えてください。」

・「仕事の成功事例/失敗事例を教えてください。」

・「今後どんなキャリアを積んでいきたいですか?」

・「仕事で、今までで最も苦しかったことはなんですか?また、どのようにそれを乗り越えましたか?」

・「いつから入社可能ですか?」

・「弊社は第一志望ですか?」

・「転勤は可能ですか?」

・「ご質問はありますか?」

 

【注意事項】回答の丸暗記はダメ!流れに沿った回答をしよう!

面接対策として「想定回答の用意」は絶対すべきですが、「丸暗記して、絶対その通りに回答する!」というスタンスはやめましょう!危険です!

大まかな概要を決めておいて、「大体こんな流れで回答しよう」くらいがよいと思います。丸暗記した内容で回答しようとすると、どうしても不自然な感じになりかねませんからね。面接官からの質問」の意図を汲んで、流れに即した回答をしましょう!

最後に

転職の面接は、新卒採用の時と比べると、雰囲気も質問の色も違います。初めは戸惑うかと思いますが、私は新卒採用の時より楽しかったなって印象でしたよ。何度か受ければ自然と慣れてくるかと思いますので、頑張ってくださいネ!

 

転職は、人生の中で初めてといっていいくらい大きな選択になる方も多いかと思います。私にはそうでした。今まで、なんとなく「偏差値高くて、周りに見栄が張れそうな高校・大学」を選んで進学し、「規模が大きくて上場してて、周りに見栄が張れそうな大手企業」を選んで入社し、働いてきました。自分で「大きな選択をして人生を歩んできた」って気になっていましたが、実際のところなんとなーく流されて」「とりあえず評判いいから大丈夫だろ」って感じで、ちゃんと考えて行動してこなかったなーって、転職活動を通して気づきました。今までいた会社を捨てて「転職する」というのは、とても勇気がいることでした。

 

勇気を振り絞ってチャレンジする「転職活動」ですから!しっかり準備して自分の希望が叶う会社に入社できるよう、是非頑張ってくださいねヽ(・∀・)ノ